やる気アップ最初の一歩


勉強をやる気を出す特効薬は、短期間で成果を出すことと書きましたが、
これをより実践的に、勉強嫌いな子に勉強をしてもらうために最初にやるべきこと。
それは「どこからつまずいたか?」をキャッチすることです。

簡単な数学の例で言うと、「中1で習う方程式」がわからなかった子は、
「中2で習う方程式の応用である連立方程式」は当然わかりません。
「中3で習うさらなる応用の2次方程式」は、もっともっとわからないはずです。
このように勉強はつながっているので、最初の段階でわからなくなると連鎖式に、
次もその次もわからなくなってしまいます。

でも安心してください。つまずいた所までさかのぼったら、後は一歩一歩進んで行きましょう。
時間がかかっても良いのです。
小さな理解と達成感を順に積み重ねていくことで
「わからない=ニガテ」から「わかる=得意」に変化していきます。
そして、わかるようになれば「やればできるんだ!」という自信が芽生え、
「もっとがんばろう!」という意欲にもつながりますから、どんどん良い方向へ進んで行きます。

>> 中学生の勉強方法へもどる