理科 @ワークを繰り返し解く


理科の定期テスト勉強法の基本は、とにかくワークを繰り返し解くことです。

教科担当の先生には、春になるとさまざまな業者からワークを紹介されます。

先生たちは、その全てに目を通して最も子供たちとってベストなものを選びます。
そのため、ワークの問題を抜粋してテストに出す可能性はかなり高いのです。

 

また、理科の問題は基本的にどのワークも同じ問題です。
文章の書き方や図が微妙に違っているだけで、基本的には同じ問題です。つまり、

 

一つの問題集を完璧にマスターすることが最も効率の良い勉強法なのです。

1回で覚えられる人はいません。5回、10回と繰り返しやることが大切です。


>> A90点以上を取るためには

 

>> 中学生の勉強方法へもどる