英語 -公立高校入試出題傾向(平成23年度)

 

群馬県

大問1〜4はリスニング。英文を聞いて、自分の意見を英語で書く問題などが出題されました。大問5・6は対話文読解。大問6には和文英訳問題も含まれていました。大問7は短めの対話文中の空らんに自由に英文を補充する形式の英作文問題。大問8は410語程度の長文読解でした。
長文読解の出題が全体の約6割をしめたのが特徴です。

 

栃木県

大問1はリスニング。大問2は適語選択などの文法問題。大問3は対話文読解。大問4は与えられたテーマについて3文以上で書く問題など、英作文の小問が5問出題されました。大問5・6は長文読解で、下線部について日本語で答える問題や、本文の内容と一致する英文を選ぶ問題も出題されました。
英作文の出題率が高いのが特徴です。

 

埼玉県

大問1はリスニングで、英文を聞いて質問に答える問題など。大問2は短めの長文読解、大問3は対話文読解、大問4は長文読解で、英語記述式の要約文完成問題など。大問5は英作文で、楽しかったことや楽しんでいるものについて自分の考えや気持ちを5文以上書く問題が出題されました。
英語や日本語での記述式の問題が4割強です。