国語 - 作文能力の育て方


子供達は、読むことも苦手ですが、それ以上に書くことが苦手です。
国語の文章問題の解答を、口頭では言えても、いざ書くとなるとできない子どもが多いのです。
読むだけでなく、書く習慣を付けることも大切です。

書く習慣を付けるには、まず日記をつけてみる。親子で交換日記をするのもいいでしょう。
または、親子でリレー小説を作ることも効果的な方法です。楽しい上に文章を書く力は、
かなりアップします。

交換日記には、作文力を上げるだけではなく、他にもいろんないいことがあります。

 ・忙しいパパ・ママとのコミュニケーション
 ・道徳や一般常識を教えられる
 ・文字がきれいになる

また、文章力が目に見えて向上していくさまが分かると思います。
子供の成長が直接見られて、親にとっても教え甲斐のある方法だと思います。

交換日記を書いていく上でのポイントは、親が文章の書き方のお手本を示すということ。
子供が文章が上達するきっかけは、親の真似をすることからはじまります。ですので、
親の順番の時には【誰が】【どこで】【何をして】【どうだったのか?】【自分はどう思ったのか?】という
文章の基本部分を含んだ日記を親が書くことで、子供の日記も同じような文章を書けるようになって
いきます。


もどる