小学校低学年の家庭学習


小学校低学年で身に付けておきたいのは「基礎学力」と「学習習慣の定着」。
基礎学力とは、「計算力」と「漢字力」。これは、反復学習しないと身に付きません。
ただし、このような学習はやっていて面白いものではないので、小さい頃から保護者が主導して、
短い時間でも毎日、計算と漢字の練習をさせましょう。

子供が勉強しているときの保護者の行動によって、学習意欲は変わってきます。
採点と間違いの直しなど、保護者が協力することで、子供の学習意欲は格段に高まります。
教える時間が夜遅くなってしまう、教える自信が無い等の場合は、専門家に任せてみるのも良いでしょう。

低学年のうちはまだ遊びの延長のような小学校。でも中学から本格的な学習環境になることを考えると、
小学校を卒業するまでには、 勉強に馴染んでおくことがとても重要になってきます。
中学生になると成績の評価もシビアになり、学力の差がハッキリしてきますが、その時に成績が振るわない
子のほとんどが、
小学生の頃から勉強に馴染んでおらず、勉強が嫌いになってしまっているということが分かっています。
高校受験を前に勉強嫌いを直したいと、塾や家庭教師を申し込む中学生の家庭はとても多いのですが、
本当は小学生の時にこうした対策をしておくのがベストなのです。


もどる