算数 - 九九を覚える方法


かけ算九九は小学2年生で取り組む大切な学習内容です。
かけ算はもちろん、3年生で習うわり算や、どんどん複雑になる計算を解くための土台となりますから、
きちんとマスターさせましょう。

・これから九九を習い始める1・2年生の場合
「声を出しながら、手で書いて覚えること」です。 記憶の定着に有効なのは「五感を使って覚えること」。
これは何かというと、「視覚」「聴覚」「触覚」をフルに活用して覚えると、頭に染み込みやすくなるという
ことです。
たとえば、単に目で見ただけの商品名よりも、印象的なビジュアルとともに、テレビから音楽に乗って
流れてくる商品名のほうが記憶に残りやすいのと同じです。
初めは九九の式と答えを口に出して言いながら書いて覚えていくようにします。
慣れてきたら書くことをやめ、大きな声を出しながら覚えていくと、暗記をより確実なものにできます。

・3年生以降も九九を間違えてしまう場合
肝心なのは、あやふやな部分をそのままにせず「どの段のどの計算で間違いが多いのか」を突きとめて
修正しておくことです。
たとえば、2の段や3の段でまちがえる子はほとんどいません。間違いやすいのは7の段や8の段です。
また、あやふやに九九を覚えている子は、「九九のきまりを理解せずに丸暗記している」傾向があります。
たとえば「7の段は、7の数ずつ増えていく」という きまりを理解している子は、たとえ「7×6」の答えを
忘れてしまっても「7×5=35に7を足せばいいんだ」と考えて、答えを導き出せます。
また 「6×4」の答えを忘れたときには、ひっくり返しても同じ答えになるというきまりを理解していれば、
「4×6=24」だから「6×4=24」と考えることができるのです。
単に丸暗記をするのではなく、かけ算九九を支えている「きまり」を使えることも大切です。

もどる