塾と家庭教師の違い

塾にしても家庭教師にしても、せっかく始めてもお子さんに合っていなければなかなか成果がでません。
「じゃあうちの子には何が合ってるの?」
そんなお母さんのために、それぞれの特徴をあげてみました。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

進学塾の場合

学校の授業よりも進んだ、主に受験の対策を行う塾。イラスト

特徴

・授業のペースが学校より大体1ヶ月早い
・カリキュラムがしっかりしている
・難関校の合格を目指す場合が多い

こんなお子さんに

●勉強に対して意欲がある
●学校の授業より先に進みたい
●一人でもすすんで勉強できる

☆とにかく上を目指している!ライバルがいることでさらに頑張れる!
そんな意識の高いお子さんにおすすめです。

 

補習塾の場合

学校の授業に合わせた、もっとも一般的なタイプの塾。イラスト

特徴

・学校の授業の復習が中心
・1クラス10〜20人ぐらいの補習塾が多い
・地元密着型なので地元の学校情報に強い

こんなお子さんに

●勉強に対してやる気がある
●家庭学習のやり方がわかっている
●積極的で、進んで質問ができる

☆地域密着型で雰囲気が学校に近いものがあり、
そんな中でも自分のペースで意欲的に勉強できるお子さんにおすすめです。

 

個別指導塾の場合

2〜3人の生徒に対して先生1人が指導する塾。イラスト

特徴

・少人数なので先生の目が届きやすい
・その子のレベルに合わせた指導をする
・塾が用意した問題集を解き、わからない問題を先生に質問する形式

こんなお子さんに

●勉強に対してやる気がある
●自主学習の習慣がついている
●積極的で、進んで質問ができる

☆自分から質問ができないと先生を他の子に独占されてしまうことも多いので、
積極的に質問が出来るお子さんにおすすめです。

 

通信添削

 

特徴イラスト

・通信添削…書店では手に入らない、出版社から送ってもらう問題集・ゼミ。
・参考書類・・・書店で販売されているもので、参考書系と問題集系にわかれる。

こんなお子さんに

●勉強に対してやる気がある
●自分のペースで勉強がしたい
●自主学習の習慣がついいている

☆自分の意志で時間を作って勉強ができるお子さんにおすすめです。

 

以上、それぞれの塾や勉強法の特徴をあげてみました。
お子さんに向いていそうなものはありましたか?
どれも色々とメリットはありますが
「勉強に対するやる気」がないとなかなか成果がでないことが多いようです・・・

「うちの子はやる気がないからどれも向いていないかも・・・」
「でもどうしたら勉強が出来るようになるの?」

そんな不安を家庭教師のぐんぐんなら解消することができます!

大事なのは、「勉強のやり方」をつかむこと。
それさえわかれば勉強に対しての「やる気」がめきめきわいてきちゃうんです!

1対1で、お子さんの目線にたった指導を心がけているぐんぐんだからこそ、
そんなお子さんには自信があります!

 

家庭教師の場合

 

特徴

・その子に合った勉強法を提案
・1対1なので、質問がしやすい環境
・予習・復習のやり方を教えるので、家庭学習の習慣がつく

ポイント
予習・復習のやり方って、実は学校などでは教えてくれないことが多いんです。
そのため、「やり方」がわからず「勉強が苦手」と思い込んでしまうお子さんが沢山います。
ぐんぐんではその「やり方」をお子さんに教えています!

 

こんなお子さんにイラスト

●勉強のやり方がわからない
●やる気がなく、勉強をする習慣がない
●部活などで忙しく塾へ行く時間が取れない
●人前でなかなか質問ができない

ポイント
人見知りでなかなか質問ができない・・・というお子さんも、
1対1の家庭教師なら質問がしやすく、理解できるまで教わることができます。
ぐんぐんには気さくな先生が沢山いるのでご安心下さい!

 

高そう

実は…塾と比較してもそれほど変わらないんです!

指導料についてはこちら

教え方

どんな教え方?へとぶ